タカハシユタカデザイン(仙台,石巻,多賀城,宮城)

ブルジョアでもハイソサエティーでもない。

2013年3月31日 日曜日

先日、現役大学生数人に

生活についてのアンケートをとる機会があり、

ケータイ代について聞いてみた。

すると全員が7000円〜1万円ぐらいの幅でおさまり、

7000円より少ない人は一人もいなかった。

別にブルジョアな学生達な訳ではない。

その分、家賃は2〜3万だったりもする。

大学時代をPHS(月3000円程度だったと記憶)

でやりすごした僕にとっては、

なかなか驚愕の金額だ。

これは、パケット通信の発達のせいなのか?

確かにそれも一理あるが、それだけではない。

もっと大事なこと。

自分にとって辛辣な言葉であるがあえて言おう。

『リア充かそうでないかの違いだ!』

残念ながら。

いさかしぇんしぇー

2013年3月25日 月曜日

ここ2ヶ月ほど急がしい時を過ごしていて、

エッチな妄想もさほどできない状況に追い込まれている高橋です。

コンバンワ。

起きている間はほぼ仕事をしているので、

娯楽なんてここ2ヶ月ほど、ほとんどありません。

それでも、仕事以外で楽しみをということで、

小説を手に取った訳だが、そう言う状況なので

読み始めてから読み終えるまで2ヶ月かかってしまった。



その小説についてだったのだが、

それは伊坂幸太郎の「SOSの猿」と言う小説で

伊坂しぇんしぇーの代名詞でもある「サスペンス的群像劇」。

期待は高かった。

が、

期待は裏切られた。

・・・・おもしろくない。

俺の2ヶ月を託した娯楽が・・・・おもしろくない。

自分が仕事で追い込まれていて気もそぞろであっただろうが、

それを加味しても、

おもしろくない。

おれの娯楽よ・・・。


念のため断っておきますが、僕は伊坂しぇんしぇーのファンです。
ほぼ全ての小説を読まさせて頂いております。
「ゴールデンスランバー」なんて最高でした。
しかしこの小説に関してはストーリーもストーリーテリングも、
僕にはあわなかった。

母校で卒業式があったんです

2013年3月21日 木曜日



昨日、母校で卒業式があった。

ただ、それを見ても自分の卒業式がどんなんだったか

過ぎ去った年月が積み重なり過ぎたせいか、

思い出すことができず、

ただただ客観視していた。


そして今の大学の卒業式というのは、
式典後に謝恩会なるものが存在するらしい。
しかも場所は仙台駅前のホテルモントレ。


僕ら時代には謝恩会なんてなかったな~なんて思っていたら
学校の方に記憶を掘り起こす一言を言われた。



「タカハシさんの頃はたぶん食堂でやったはずです」



・・・・思い出した。アレか。

食堂でお菓子をつまんだ感じのアレか。


10数年前:学校の食堂で謝恩会
現在:ホテルモントレで謝恩会



・・・・・時代すかねぇ。








ボーダーはノーボーダーではない

2013年3月18日 月曜日



ボーダーが似合う女子ってのはいいですね。

好きです。

スキミングです。

ただ、時にボーダーというのは

繊細なパターンでもあると思うのです。


ちょっと太めな方が着るとラグビー選手だし。

筋肉質の方が着ると佐川女子だし。

細すぎる方が着るとそれはそれで、


楳図かずおだし。

なかなか難しいですね。

グワシッ!


【今日のリクエスト】Some night/FUN.

ミラーレス一眼のおざなり聖域

2013年3月15日 金曜日

昨今、各カメラメーカーがミラーレス一眼を

こぞって発表している。

“一眼レフの写真クオリティを持ち運びやすいサイズでお気軽に”

と言うのが、各社共通の宣伝文句だ。

一眼だけに露出を自分で決められるのは非常に魅力的だが、
懐疑的な部分がないこともない。

コンパクトカメラと違って、レンズ交換できることも魅力だが、
これが鬼門。

レンズ交換する際、慎重に慎重を重ねても
内部にあるセンサーにホコリ等が付着してしまうのです。
もっと言えば空気中の臭気などの分子も付着するんだそうです。

そうなったらメーカーにクリーニングをお願いしなければ、
きれいにはなりません。
もしブロワー使って自分でホコリ等の除去をした日には
余計にゴミが飛び散り、症状は悪化します。

息子の運動会。
一眼レフを構えるパパが、息子をよりアップで
と思いその場でレンズ交換・・・・

これは完全にアウトレイジ・ビヨンドです。
冗談じゃねーぞ。バカヤローです。

レンズ交換をあまりしないことを前提に購入するなら
何の問題もないですが、
コンパクトなだけに気軽にレンズ交換したら、
後々メンテナンスがめんどくさいですね。

【今日のリクエスト】浅草キッド/ビートたけし