タカハシユタカデザイン(仙台,石巻,多賀城,宮城)

メッセンジャー

2010年3月31日 水曜日

僕という媒体を使って、誰かの思いが他の誰かに伝わる。
そんな存在意義を感じることができたなら、
僕は物理的に一人だったとしても孤独じゃない。
誰かと繋がっているって思えるんだ。

 

生中ジョッキ

2010年3月29日 月曜日

友だちと生中で乾杯できる幸せはコペルニクスによる地動説より
僕にとっては意味があるんだ。

ボクサーVSトランクス

2010年3月26日 金曜日

ボクサーパンツとトランクスの所有率が半々の僕です。
基本的にどっちでもいいのだが、
双方のメリット、デメリットを上げて検証してみたいと思う。

まず、ボクサーのメリット。
身が引き締まる感じがする。
体育座りした時にヨコチンしない。

デメリット。
彼に自由がない。


続いてトランクスのメリット。
彼はいつでも自由である。
彼はいつでも風を感じることができる。
そしてダウジングができる。

そしてデメリット。
自由っていったい何だ?
という哲学的な問題にぶち当たる。

ジーパン等を履く際にパンツの裾が捲り上がり、
ハイレグ状態になる。
「レースクイーンか!」というツッコミと共に
溜息混じりで直す羽目になる。

やっぱどっちでもいいや。

【今日のリクエスト】銀杏BOYZ「YOU & I VS. THE WORLD」

そこにはもう、

2010年3月24日 水曜日

最近はまっているBGMはトクマルシューゴです。
こんばんわ。

毎日、飽きもせずパソコンをパソパソしていると、
否が応でも、色即が是空でも、空即が是色でも、
肩が凝ってしかたがない。
そこで塗り薬とか色々試してみるものの、
どいつもこいつも気休めにもならない。

であるならば、貼り薬はどうだ。
と言うことで昨日は湿布を貼って布団に潜り込んだ。
そして今朝。

肩から肩甲骨に掛けて貼った湿布が、
そこにいない。
見慣れた肩がそこにあるだけ。

かすかに残るインドメタシンの香りが僕を悲しくさせる。

今になって思い返せば
冷え冷えのゼラチン部分が好きだった。

僕がつらい時は、何も言わずそっと側にいてくれたね。

そしていつもクールだった。

何も言わずにさよならかよ。

あれ?

モジャモジャになってTシャツにくっついていやがった。

ダイヤモンドダスト

2010年3月20日 土曜日

手をつないでいるカップル。

おい、幸せか?

幸せだろうな〜。
そのことは客観的に見ても素敵なこと。
ただ、白鵬の一人横綱のご時世に、
僕の鼻水がダイヤモンドダストとなって
夜空に消えゆく事件が目の前で繰り広げられた。

寒空のもと、カップルが向こうから寄り添うように歩いて来る。
街灯に照らし出された互いの手が堅く握られているのが分かる。
が、次の瞬間、僕は目を満月のように見開いた。
目線を堅く握られた手から徐々に上げていくと、
首元で大変なことが起きている。

長い1本のオレンジ色のマフラーが、2人の首に巻かれている。

ギョバババババッ!!!!!!!
ズクチャン、ドンッドンッ!!!
ワンツー、テスッテスッ!!!!

何だか、見ているこっちが恥ずかしい。

例えば、僕が何かの間違いで柴咲コウと付き合ったとして
柴咲コウに『マフラー一緒にしよっ』
って言われても僕は絶対に嫌だ。

いや、柴咲コウなら絶対とは言えんな。